LK3CYLv_dCuJeb9TI3NP8bPCQ8k65HtYh2uPMCLyXBEeJxFPc

お役立ち

2021.3.27

「VEEMO」で駐車場探しをカンタン、お得に!

クルマでお出かけするときに心配になるのが、目的地への道順と駐車場の有無。道順はカーナビに任せると何とかなりますが、初めて行く場所での駐車場探しは、とても不安で大変です。そんなとき、頼りになるのが、希望の条件に合わせてカンタン、便利に見つけられる駐車場検索アプリの「VEEMO」。今回はこのアプリを使って、実際に目的地周辺の駐車場探しをしてみました。

目的地周辺まではカーナビ、近づいたら「VEEMO」で駐車場探し!

今やカーナビはクルマに欠かせないアイテム。初めて行く場所でも、目的地をセットしておけば安心して出かけることができます。ナビは文字通り、目的地への道順や渋滞情報を知らせてくれる機能のほか、周辺のガソリンスタンド、駐車場、コンビニ、銀行など、さまざまな情報も表示してくれるので、まさに至れり尽くせりの便利アイテムです。

そんなカーナビですが、クルマに乗る前にあらかじめ駐車場を調べたいときや、駐車場の比較をしたいときにはあまり向いていませんよね。

 

このようなときに役立つのが、「VEEMO」という無料の駐車場検索アプリ。

現在地や目的地周辺の駐車場を希望の条件に合わせてカンタン、便利に見つけられるので、事前に目的地周辺の駐車場を「VEEMO」で調べておくか、同乗者がいる場合は目的地周辺で調べてもらうのがオススメです。

ra7LApClElNc4EQt-XiLH93LqVF1-BW6xEoT1oSGwp8eJxFPc

「VEEMO」の画面イメージ。iOS版とAndroid版があり、右のQRコードからダウンロードすることができます

操作はカンタン! 希望の条件に合った駐車場を探せるのが嬉しい

「VEEMO」の操作はカンタンで、アプリを立ち上げてメニューで「🔍探す」を選択すると、現在地付近の駐車場が地図上に表示されます。次に表示された最寄りの駐車場の番号をタップすると、距離、営業時間、収容台数、料金、支払い方法といった詳細情報が表示されます。

TOBTI9wXBsOW88gqXNC1NC4KW-nwlu-HWfx6a9Ojz1MeJxFPc

メニューで「🔍探す」を選択すると、地図上に現在地(ゴールマーク)と周辺の駐車場が表示されます。任意の「P(赤丸)」をタップしてみると右画面のような駐車場の詳細情報が表示されます

希望の条件に合った駐車場が見つかったら、目的の駐車場へ向かいます。現在地からの近さは地図上でも分かりますが、気になるのは料金ですよね。その場合は一覧表示に切り替えて条件にマッチした順に表示することも可能です。

 

ちなみに並び順の条件は、「駐車料金の安い順」、「駐車現在地から近い順」、「駐車台数の多い順」の3つの中から選択可能です。駐車料金の安い順は、「10分400円」と「60分900円」の駐車場があるときは「10分400円」の駐車場が表示されるので、駐車場の利用時間によっては順番通りに並ばないこともありますのでご注意ください。

_D5Y4YCbDjG1Q61aFB1Zm8_1OmdZVrhH3GAWLK6jThoeJxFPc

周辺の駐車場を一覧表示させたい場合は、地図画面の右下にある一覧マークをタップします。さらに一覧表示画面の右上にある3本線マークをタップすると3つの条件が表示され、この中から好みの並び順を選んで表示させることができます

残念ながら、現状では空き状況までは表示されないので、希望の条件に合った駐車場が見つかったら実際に行って確認する必要があります(現在、駐車場の空き状況まで判別できるような機能開発を検討中しているとのこと! 期待ですね!)。とはいえ、駐車場を利用する際は営業時間、時間あたりの料金、最大料金の有無などで選ぶケースが多いので、これらの情報を事前に知ることができる「VEEMO」は、とても魅力的なアプリです。

6poWdb5Ka8OSJNRFWL2O-al_5DNblcHJLCwDz3OJBageJxFPc

<出典:VEEMO>

音声検索機能で駐車場を探せるから安心!

「VEEMO」には音声検索機能が搭載されています。実際に使用してみると、音声認識精度も高いので、カンタンに周辺の駐車場を検索することができます。

 

しかし、運転中にスマホを操作する“ながら運転”は大変危険です。道路交通法違反になるので、目的地周辺で運転者が「VEEMO」を利用する場合は、必ず安全な場所に停車してください。VEEMO同乗者が検索するときは、使い慣れた自分のスマートフォンで、すばやく簡単に検索できるうえに、カーナビを画面はそのまま道路情報を示せるので、運転手は助かりますよね。音声検索を実際に使用してみると、音声認識精度も高く、カンタンに周辺の駐車場を検索することができました。

znaSDEQ47Vtl1uQZPHTctoFbMqrrBPgFnEt6GodPBoMeJxFPc

「VEEMO」とナビアプリを連携させるには、目的地の駐車場をタップして駐車情報を表示させ、最下段の「ナビへ転送」ボタンをタップして好みのナビアプリを選択。ナビアプリ側で目的地へ設定するとスマホだけで目的地へ誘導してもらえます

FX1MLRoSgMh2Mq10zpZH2pC551MBfso-AaVoVbn-WtceJxFPc

「🔍探す」画面の右上にあるマイクボタンをオンにしておき(赤丸)、「東京スカイツリー」と発声すると瞬時に東京スカイツリー周辺の駐車場画面が表示されます

スマホのナビアプリとの連携で、そのまま駐車場へGO!

「VEEMO」は目的地周辺の駐車場を事前に調べることもでき、スマホにインストールされているナビアプリと連携できるので、事前に使いたい駐車場が決まっている場合は、その場所をナビアプリの目的地に設定することが可能。そこで実際に「VEEMO」に「Yahoo!カーナビ」を連携させ、東京スカイツリー付近へ行ってみましたが、スムーズに目的地の駐車場へたどり着くことができました。

znaSDEQ47Vtl1uQZPHTctoFbMqrrBPgFnEt6GodPBoMeJxFPc

「VEEMO」とナビアプリを連携させるには、目的地の駐車場をタップして駐車情報を表示させ、最下段の「ナビへ転送」ボタンをタップして好みのナビアプリを選択。ナビアプリ側で目的地へ設定するとスマホだけで目的地へ誘導してもらえます

今回は希望の条件に合わせてカンタン、便利に見つけられる駐車場検索アプリの「VEEMO」を紹介しました。メニューの「お知らせ」には「暮らしとくるま」の記事がリンクされているほか、絞り込み条件設定にハイルーフ/ワンボックスカー入庫可、EV/PHV充電可などの項目が追加される予定。今後も使い勝手がどんどん良くなっていくでしょう。

写真8v

駐車場検索時の絞り込み条件は今後もいくつかの項目が追加予定。メニューの「お知らせ」には「暮らしとくるま」の記事が新着順でリンクされているので、空いている時間に楽しむこともできます

クルマでお出かけしたときに駐車場探しで迷っていると、ストレスが溜まるばかりか、待ち合わせの時間に遅れてしまうこともあります。しかし、「VEEMO」があれば、そんな心配は無用! お出かけの際は、ぜひ一度「VEEMO」を使ってみてください。

この記事をシェア