pixta_32573124_M

お役立ち

2019.10.29

初心者必見! 東京都内の運転で気をつけたいポイント10【前編】

「東京都内の道は運転が難しい…」と上京したての人や初心者の方が言うのを聞いたことはありませんか? 経験がなくとも、何となく東京都内は運転が大変そうなイメージがありますが、具体的に何がどう難しいのでしょうか? 都内の運転初心者である私が身をもって体験した、東京都内(一般道路)を運転するときに気を付けたいポイントを、私見を交えてご紹介します。都内の道を運転できれば、日本全国は怖くないかも!? 今回は【前編】です。

【前編:色々なモノがとにかく多い!】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像素材:PIXTA

1.自動車が多い

東京はさまざまなモノが行き交う街。

モノや人を運ぶため、クルマがたくさん行き交っています。クルマが多いと車間距離が自然と狭くなり、ちょっと油断して、周囲のクルマの動きについていけないとヒヤリとすることも。常に周囲の動きに気を配る必要があります。

pixta_43123283_M

画像素材:PIXTA

2.歩行者が多い

クルマが多ければ、人も多いです。商店街など車道と歩道が分かれてはいても、はみ出して車道を通行する人も少なくありません。道に不慣れなときはカーナビゲーションの言う通りに進むので、他の道はないのかなと思いつつも通るしかありません。また、きちんと歩道を通っていたとしても、あまりに人が多く、飛び出しなども気にしながら運転しないといけません。

pixta_40554765_M

画像素材:PIXTA

3.車線が多い

クルマが多いために車線を増やしているのですが、これも慣れていないと難しい!

個人的には、この要素が東京の道が難しいと言われる大きな要因と考えています。なぜなら、車線が多いということは「車線変更」が必須だから。

 

上述したクルマの多い状況下で50km/h程度のスピードを出しつつ、絶妙に狭い車間距離の中で車線変更するのはプレッシャーがかかります! 少なくとも、ほぼ片道1車線の道しか知らない筆者にとってはかなり難易度が高いです。

 

それならば、右折もせず、走行車線を走り続けて車線変更しなければいいじゃないか、と思われるかもしれません。でも、次の理由がそれを許してはくれません。

pixta_24559140_M

画像素材:PIXTA

4.走行車線で停車するバス、タクシー

走行車線を走り続けていたら、車線の前方ではバスやタクシーの乗降中…そういう状況下では、車線変更を余儀なくされます!最悪、後ろについて待っていてもいいのですが、路上パーキングのクルマがある場合はさすがに待ちきれませんよね?車線変更をするタイミングを逃してしまうと、後続のクルマや右側車線のクルマが途切れるのを運に任せて待つしかありません。

pixta_32844271_M

画像素材:PIXTA

5.視覚的に気になる道路沿いの看板風景

運転中の視界に入って気になるのが、道路沿いの看板です。緑の中で運転するのに慣れた身にとっては、ビルや看板が圧迫感もあり気になります。特に、夜は看板が点灯するため光も気になってしまいます。

6.逆に少ないのは、落ち着ける駐車場

一方で、入口が大きく、入りやすい駐車場が少ない印象です。迷ったかな?と思った時や気持ちを落ち着けたい時に、コンビニなどに入って気分をリセットしたいのに、駐車場付きの場所が少なく、また入口が歩道などで分かりにくく見逃してしまうことも。少しだけ困った状況のまま走り続けるのは不安ですし、注意力が散漫になるので危険です。

東京タワー

東京はクルマや人が多く、常に変化する状況に注意しながら運転しなければならないのが、難しいと思われる要因ではないでしょうか。また、これだけでなく、後編では、モノの多さからなる道路環境、特に交差点について難しいポイントをご紹介します。

そちらもあわせてお読みくださいね。

初心者必見!東京都内の運転で気をつけたいポイント10【後編】

https://www.kurashi-kuruma.com/?p=900

この記事をシェア