メイン画像

公開:2023.1.5
更新:2023.1.5

傘専用マグネットストラップ「Choito(チョイト)」で、雨の日のクルマの乗り降りもラクラク

雨の日はクルマでの移動が便利ですが、傘を持っていると両手が使えず、お子さまを乗り降りさせたり、たくさんの荷物の出し入れをしたりするときに不便だと思ったことはありませんか? そこで生まれたのが、雨の日の嫌な思いを“ピタッ”と解決する傘専用のマグネットストラップ「Choito(チョイト)」。雨に濡れずに乗せ降ろしできる「Choito」を使ってみました。

目次

「こんなのあったらいいな」から生まれたアイデア商品

雨の日のクルマのお出かけで、両手に荷物を持っていたり、子どもを抱っこしていたりすると、乗り降りのときに開いた傘を持っているのが煩わしいことがありますよね。傘専用のマグネットストラップ「Choito」は、傘をクルマに固定して雨に濡れずに乗り降りができるお役立ちグッズ。まさに「雨の日+クルマ+傘」の煩わしさを解消するために生まれたアイデア商品です。

「Choito」は、3児を子育て中のご夫婦が、日ごろから抱えていた悩みの中から生まれました。開発者の林田さんは、ある日、妻の「こんなのあったらいいな」のつぶやきがきっかけで、「Choito」の開発に着手したそうです。

写真1

おしゃれなニュアンスカラーの追加で、どんな色の傘にも合う!

「Choito」は、ホワイトとブラックの定番カラーと、新たに追加されたグレージュ、くすみブルー、くすみピンクの5色があります。くすみがかったニュアンスカラーはおしゃれな雰囲気で同系色の傘に合わせてもいいし、シンプルな傘のアクセントとしてもよさそうですね。ホワイトやグレージュ、ブラックはどんな傘にも合わせやすく、男女を問わず選びやすいので、カラーバリエーションが豊富なのは嬉しいところです。

商品画像5種類

マグネットは強力で両手を離しても安心!

「Choito」の使い方は簡単! 取り付けは、傘の生地と親骨の間にストラップを通して、露先の近くで結んで垂らすだけ。使うときはクルマの屋根部分に「Choito」をピタッと付ければ完了です。車種によってはマグネットが付かない素材の屋根もあるので、あらかじめ屋根にマグネットが付くか確認しておきましょう。

使い方

実際に使ってみると、重く大きめの傘でも強力な磁力(耐荷重1kg)でずれることがなく、想像以上にしっかりしています。 傘だけ屋根に載せたときは、風が吹いて飛んだり、傾いてずれたりとうまく固定できませんが、「Choito」があれば簡単に固定できてとても便利! 雨の日の乗せ降ろしに傘を持つ煩わしさがないのは、こんなに楽だったんだと、ちょっとうれしくなってしまいました。

写真3

車体にも優しい素材なのもうれしい

「Choito」の表面はPVC素材でできているので、まるでラバーのようなソフトな触り心地。硬いプラスチック製グッズの場合は、車体にキズが付くのではないかと心配になりますが、表面が柔らかい「Choito」ならば安心して取り付けることができます。ただし、傘自体が車体と接触するので、そこにキズが付く可能性はご留意くださいね。万が一、汚れが付いてしまったときは、中性洗剤などで簡単に落とすことができるので、いつも気持ちよく使うことができます。

写真4

おしゃれな「Choito」なら、傘を持ち歩くのも楽しくなる

写真7

傘を持ち歩くときにも、「Choito」はちょっと便利。飲食店やコンビニなどのお店で傘立てに置いたときは、「Choito」がアンブレラマーカーとしての役割を果たしてくれます。すぐに見つかるうえ、取り違いの心配も減ります。

写真6

また、傘を畳んでいるときも、マグネットが骨に固定できるので、ぶらぶらする心配もありません。

どこで売っているの?

こんな便利な「Choito」は、制作会社のホームページのほか、各種インターネット通販、大手生活雑貨店などで入手できます。ちなみに、人気のカラーはグレージュやニュアンスカラーだそうです。

今回、新たにニュアンスカラーが加わったことで、より可愛さが増した「Choito」は、お子さまをお持ちの方はもちろん、お年寄りを介助されている方にもおすすめのお役立ちグッズ。「Choito」があれば、「雨の日+クルマ+傘」も明るい気分で過ごせそうです。一度使ってみてはいかがでしょうか?

写真8

この記事をシェア