サムネイル画像02

公開:2024.5.14
更新:2024.5.14

赤くてかわいらしいフィアット500が大好き! Instagram投稿から広がった楽しい世界

『暮らしとくるま』のInstagramフォロワーであるphoto_aaayaさんは、いつも「#旅の思い出とクルマ」のハッシュタグをつけて、素敵な写真を投稿いただいている方のひとり。赤・虹・桜・夕陽などをテーマにした投稿は、サイト内でもたびたびご紹介しています。今回は、そんなphoto_aaayaさんに、大好きな愛車、真っ赤なフィアット500(チンクエチェント、以下フィアット500)との出会いから伺いました。

目次

写真1

ハッピーな気分になれる! 虹色やカラフルなグラデーションのある美しい風景」の記事で紹介したphoto_aaayaさんの写真。美しい夕焼けが水田にも反射していて素敵です!

フィアット500は、赤くてかわいらしいところが購入の決め手

ー真っ赤なフィアット500を選んだ理由を教えていただけますか。

以前は、ダイハツ ミラジーノに乗っていて、それも気に入っていたのですが、実はこのころはクルマ自体にあまり関心がなかったんです。ところが、クルマ関係の会社に転職したのをきっかけに、いろいろなクルマを見て興味がでてきました。そのときにはじめてフィアット500を見て「このクルマかわいい! 」と、とても気に入ってしまって。

それまでは、自分のクルマを乗り換えるにしても輸入車は選択肢にありませんでした。でも、パートナーがベンツに乗っているのと、母もルノー カングーに乗っていたので、輸入車もいいかもと思いはじめてしまって……それで、気になっていたフィアット500を購入することにしました。

写真2

大好きなフィアット500とたたずむphoto_aaayaさん。フィアット500は、丸みのあるフォルムがかわいらしいですね

キレイな風景の写真を撮って自分の世界を広げたい!

ー写真を撮るのが趣味とのことですが、どのようなきっかけで始められたのでしょうか。

前職は花を扱う仕事をしていたのですが、ある日、ひな人形をつくられているお客様のお宅へ伺ったところ、家中にたくさんのお花畑の写真が飾ってあるのを目にしました。その光景を見たときに、キレイな花の写真に囲まれていることが、きっと作品つくりにも生かされているんだなと感じたんです。

私もモノづくりが好きだったので、同じように美しい風景の写真を撮って、自分の世界を広げていきたいと思ったのがきっかけでした。

写真3

一面の菜の花畑の中に真っ赤なフィアット500を入れて撮った写真。まさにphoto_aaayaさんが描きたい世界なのかもしれません

ーフォトコンテストへの応募や写真展への参加もされていらっしゃるのですね。どのような想いで、このような活動をされているのでしょうか?

やはり、自分が撮った写真をほかの人に評価していただいたり、共感していただいたりするのがありがたくてこのような活動をしています。もうひとつは、大好きなフィアット500の写真を観ていただくことで、「かわいい!」とか「乗りたい!」と思ってくれる方が増えるのもうれしくて。それも大きな理由かもしれません。

写真4

ディーラーのフォトコンテストで入賞された写真はphoto_aaayaさんのお気に入りのひとつ。緑豊かなメタセコイアの木を見ると、すがすがしい気分になります

赤のフィアット500とのバランスを考慮してポップな色合いに

ーInstagramでは、夕焼けや花と一緒にフィアット500が写っていることが多いですね。それには何か理由があるのでしょうか。

風景にクルマを一緒に入れて撮るようになったのは、やはりかわいいというのが一番の理由です。Instagramを観ていると、人と風景、風景だけという写真が多いのですが、「クルマ+風景」というのもかわいいんじゃないかなと思ったのがきっかけです。

写真5

山梨県北杜市でハロウィンのオブジェとともに撮ったひとコマ。フィアット500とコラボレーションすることでかわいらしさが一段と際立ちます

ーどの写真も明るくてビビッドな色合いが特徴的で、見ていて元気になりそうですね。

写真を撮るときの色合いについては、特に意識しているわけではないんです。ただ、私のフィアット500は赤くて目立つので、夕焼けや花といった鮮やかな色合いとバランスを取るためにポップな感じにしています。

写真6

photo_aaayaさんの写真は華やかな色合いが多く、赤いフィアット500とのバランスが絶妙です

好みの写真を撮るためには、時間や天気予報のチェックが大切!

ーInstagramには多くの夕焼け写真が投稿されていますね。美しい夕焼けを撮るために心がけていることはありますか。

夕焼けの写真は、基本的に自宅の近くで撮っています。また、クルマで出かけた日の帰り道は、わざわざ違う道を通って、新しい夕陽ポイントがないか探しながら走ることもあります。基本的に在宅ワークをしているのですが、夕方近くになると「今日はキレイに空が焼けているかな? 」と天気予報を見ながらそわそわしてしまいます。いい天気だと、仕事が終わったらすぐに撮影に向かいます(笑)

写真7

自宅近くでこんなに美しい夕焼けが見られるなんて、うらやましいですね!

ー夕焼けのほかにリフレクション写真(水面やガラスに被写体を反射させて写すこと)も素晴らしいですね! これはどのように撮っているのですか。

自宅の近くには、田んぼや雨上がりに水たまりができるところがあるので、その反射を利用してリフレクション写真を撮っています。ただ、雨が止まないと夕焼け空は見られないので、天気予報とにらめっこしながら“雨のち晴れ”の日を待ち構えています。

写真8

水たまりと美しい夕焼けのタイミングを狙った見事な1枚! やはりキレイな写真を撮るには人知れない工夫があるんですね

もはやInstagramは趣味のひとつ。ブログ代わりに日常をつづることが楽しい

ーInstagramを始めて5年、投稿数も1000点ほどあって継続するのは大変だったと思います。その原動力となっているのは何だったのでしょうか。

最初は、花の写真を中心に気が向いたときに投稿していました。フィアット500に乗りはじめてからクルマと風景の写真を投稿してみたら、同じフィアット500乗りの方からの反響があってフォロワーさんも増えました。それが励みになってどんどんクルマの写真を投稿するようになりました。実は、私は人見知りで友達をつくるのが苦手だったのですが、同じ赤いフィアット500乗りの方と友達になって一緒に出かけたり、どんどん楽しい世界が広がってきました!

 

差し替え用_写真9

Instagramでつながった友人と富山へ行ったときのひとコマ。SNSならではの素敵な出会いですね

ーInstagramのコメント欄はいわゆる写真の説明文ではなくて、日常のできごとなどをつづっていることがありますね。それには何か理由があるのでしょうか。

私はそもそも物事を長く続けるのが苦手でしたが、投稿に日常のできごとや撮影中に思ったことをブログのように気軽に書いてみたら、意外と続けられたので、たまにそのような投稿をしています(笑) 私にとってInstagramの投稿は、無理なく続けられる大切な趣味のひとつになっている気がします。

写真10

花の開花時期にもアンテナを張り巡らせているというphoto_aaayaさん。今年もキレイな桜と大好きなフィアット500の写真を撮ったそうです

今回は、『暮らしとくるま』の記事で、たびたび写真をご提供いただいているphoto_aaayaさんにお話を伺いました。愛車のフィアット500に乗り始めたことがきっかけで、Instagramを通じてさまざまな世界が広がり、毎日楽しく過ごされている姿がとても印象的でした。これからも大好きなフィアット500とともに素敵な写真を投稿してくれると思います。直近では、石川県の千里浜なぎさドライブウェイへ行く計画があるそうです。千里浜とフィアット500をモチーフにした素敵な写真が投稿されるのが今から楽しみですね。

写真11

友人からもらったフィアット500のあみぐるみを置いて撮影した1枚。内装の赤色にマッチしてかわいらしいですね

取材協力・写真提供いただいたフォロワーさん:photo_aaayaさん

https://www.instagram.com/photo_aaaya/

この記事をシェア