アイキャッチ画像

公開:2021.3.15
更新:2021.7.18

カーエアコンが涼しくならないときに。チェックしたい正しい使い方

カーエアコンは、夏は蒸し暑く、冬は寒い日本で快適にクルマに乗るには必須ともいえる機能です。でも、たまにしかクルマに乗らない方だと「エアコンをつけたはずなのに、涼しい風が出てこない」、「ちゃんと使えているか不安……」と心配になりますよね。お出かけ前に、カーエアコンの正しい使い方をチェックしておきましょう。

目次

暑い夏のドライブでこんな経験ありませんか?

「カーエアコンの温度設定を下げているのに、全然涼しくならない……」 真夏の暑い日、クルマの中はサウナのように感じるほど暑くなります。それなのにクーラーが効かないと、せっかくのドライブが台なしです。

 

「クーラーが壊れているのかも? 」と考える前に、カーエアコンの設定を確認してみてください。実はクルマのエアコンは、お家のエアコンとは使い方が違います。カーエアコンのつけ方と正しい使い方を確認しましょう。

カーエアコンから冷風を出すには?

01_エアコンの使い方680

スズキ ハスラー(型式:DBA-MR31S)のコントロールパネル

現在のカーエアコンは、車内の温度を自動で調整する「オートエアコン」が主流です。AUTOにすると、自動的に吹き出し口・風量、および内気循環/外気導入の切り替えが自動的に調整されます。

 

クルマの中で涼しい風を出したいときには、「AUTO」スイッチでカーエアコンをつけてから、「A/C」スイッチがオンになっていることを確認してください。
A/Cスイッチは、涼しい風を出すほかにも、除湿の効果もあります。冬に“暖房”を使用していても、フロントガラスがくもってきたときに、A/Cスイッチをオンすると除湿されるので、一時的に利用してみましょう。

 

つまり、A/Cスイッチをオンにするのは、「冷房」や「除湿」の機能を使いたいときと覚えておくといいですよ。

02_ACスイッチ680
03_ACオン_new_680

A/Cスイッチがオンになると、液晶部分に「A/C」と表示されています

中には「AUTO」と書かれたスイッチを押すだけで、冷房機能も入る車種もありますが、そうでない車種の場合は、A/Cスイッチを探してみてください。

 

また、マニュアルエアコン(手動)で冷房をつけたいときや、自分で風向きや温度などを調整したい場合も、A/Cスイッチを操作しましょう。A/Cスイッチがオン/オフになっているかは、液晶パネルの表示やA/Cスイッチのランプで分かります。

04_マニュアルエアコンのAC680

日産・キューブ(型式:DBA-Z12)の場合

05_マニュアルエアコンのACオン680

マニュアルエアコンのA/Cスイッチをオンにしました

【アイドリングストップ車の場合】
ECOモードといったアイドリングストップ機能を持つ車種は、アイドリングストップ中にA/C機能が止まり、送風だけになることがあります。渋滞などの停車時にも冷房機能を使いたいときは、アイドリングストップ機能をオフにする(解除する)必要があります。

 

車種によって、若干の違いはあるので、ご自身のクルマはどうなっているかは、取扱説明書で確認してみてくださいね。

外気導入・内気循環の上手な使い分け

真夏の車内温度は50℃以上にもなり、屋外より暑くなります。早く車内の温度を下げたいときは、熱い空気を追い出してから冷房をつけるとより効果的です。外の空気を取り入れる「外気導入」モードにして、車内の空気を入れ換えましょう。

 

暑い空気を車内から追い出したら、外気をある程度抑えることができる「内気循環」モードに切り替え、冷房から出る冷たい空気を循環させると効率的に冷やせます。また、トンネル内や渋滞などで外の空気が汚れているようなときにも、この「内気循環」は効果的。ただし「内気循環」モードに設定しっぱなしだと、車内の二酸化炭素濃度が高くなってしまう恐れも。二酸化炭素濃度が高くなると、眠気や頭痛が生じやすくなります。

 

30分から1時間に1度は「外気導入」モードに切り替えて換気しましょう。風量を最大にするとより早く換気できます。

06_外気(ボタン拡大)リサイズ

「外気導入(右)」と「内気循環(左)」の切り替えスイッチ。場面に応じて、モードを使い分けましょう

カーエアコンをつけると、クルマの燃費は悪くなるの?

07_緑680

車種にもよりますが、クルマで冷房をつけたままで走行すると10~12%ほど燃費が低下するといわれています。ただし冷房をつけていても、高速道路をスイスイと走っている状態だと燃費への影響は小さく、反対に渋滞にハマってノロノロ運転中だと燃費低下に大きく影響します。

 

燃費効率をあげるコツは、車内にこもった熱気をすばやく追い出し、車内の空気が冷えたら内気循環に切り替えて車内の温度をキープすること。設定温度は燃費にはあまり影響しませんが、日本車でオートエアコンを搭載している場合、25℃あたりが冷暖房効率がいいといわれています。

 

カーエアコンの使い方ひとつで、クルマの中の過ごしやすさが大きく変わってきます。

A/Cボタンの役割が分かったら、よりを効果的に使うために、取扱説明書を見て確認してみてもいいですね。温度を上手にコントロールして、快適なドライブを楽しんでくださいね。

 

文・写真/Ayako

この記事をシェア